肌荒れを内側から治すにはどうしたらいい?

肌荒れを内側から治すには、美肌を実現できる栄養食材をしっかり摂ることです。高級化粧品やサプリメントなどで肌荒れを改善することも可能ですが、まずは、毎日の食べ物に気をつけ、肌荒れを内側から改善することです。おすすめなのは、肌の潤いをグンとアップさせてくれるビタミンAで、鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、ニンジン、ほうれん草、かぼちゃなどを食べると良いでしょう。ビタミンAは、肌のターンオーバーを促進してくれるので、健康的で透明感のある肌にしてくれます。過剰な皮脂分泌や毛穴の開きで悩んでいるなら、ビタミンB1、B2がおすすめです。皮脂分泌を正常な状態にするには、ビタミンB1、B2が多く含まれている豚肉、焼きのり、たらこ、玄米、レバー、納豆、卵、ぶりなどを摂ると良いです。ビタミンB1は、肌の脂質バランスを取るのに最適で、ビタミンB2は皮脂の分泌調整を行ってくれます。ビタミンB1の食材と合わせて取ると、皮脂の悩みを解決することができます。くすみのない透明肌を実現したいなら鉄分がおすすめで、血行不良の状態を改善してくれます。
高野豆腐、ひじき、昆布、小松菜、赤身のまぐろなどに、鉄分が多く含まれています。

肌の若返りを助けるサプリ